建築、文章、映像などの分野で活動を続ける、町田泰彦氏による短編集です。

 

shushulina publishingの東野と、著者の町田氏による「この本ができるまで」もこちらからお読みいただけます。

 

「土と土が出会うところ」は、益子町が2013年から発刊していた季刊誌ミチカケに寄稿されました。この度の出版に際して加筆され、一冊になりました。

 

 

「変化はゆっくりな方がいい、

誰の記憶も頼りにしないくらいゆっくりな方が」-本文より

 

暮らしの根っこにあるものはなんなのか。

書くことと家を建てること、定住と旅、

現実と夢との境を時に滲ませながら、

土を捏ねるように動き続けることばとからだ。

 

著者による絵・写真を含む全7章

 

Ⅰ 水と水が出会うところ

Ⅱ 喫茶ウェリントン

Ⅲ 星日月(ほしひーつき)

Ⅳ ポポウのみた夢

Ⅴ いつもの場所

Ⅵ みずろく

Ⅶ 黒猫のようなもの

  白猫のようなもの

 

著者プロフィール

1975年生まれ。幼少期を四国やニュージーランドといった自然が豊かな都市で過ごす。2004年小栗康平監督作品『埋もれ木』に美術助手として参加したことをきっかけに、栃木県益子町に居を移す。文筆、映像、建築土木作業などを通して、生活のための表現を実践している。

 

主な作品

『スターネット・リコード〈益子/建築〉』『ハトを、飛ばす〈文章〉』『ハトを、飛ばす〈映像〉』『コモンズカフェ〈遠野/建築〉』、『セレンディップ〈茂木/建築〉』、『骨壷、破片〈文章〉』『U邸〈烏山/建築〉』、『釜滝の家〈和歌山/建築〉』

 

作家ウェブサイト  www.malplan.com

 

ページ数 128ページ
サイズ  148mm x 210mm
出版   shushulina publishing

ISBN    978-4-9912268-1-6

​価格   2500円+税

2021年10月28日 発刊​

「土と土が出会うところ」町田泰彦

¥2,750価格
消費税込み
  • 送料について

    国内発送|¥300

    海外発送|¥2000

     

    ご注文の合計金額が20,000円以上の場合、送料は無料です。

     

    ※ クリックポストでお送りする場合もあります。ご了承ください。

     

    ※ 他の商品と合わせてご購入いただく場合には、送料が変更になる可能性があります。お会計の際にご確認ください。

  • 発送について

    ご注文をいただいてから2~3週間かかることもあります。ご了承いただいてから、オーダーをお願いいたします。